管理人の日記

蛇料理を食べに上野にある文久堂に行ってみた。

 

管理人のエドです。

御徒町の蛇料理屋さんの文久堂さんに行ってみました。本当は上野にあった救命堂本舗蛇店さんに行きたかったのですが、食べログ等に閉店しているという情報を見て他に食べれる場所が無いか探した結果こちらのお店に行きつきました。

 

場所は御徒町の駅を出て数分のところにあり正確な場所はこちらになります。

 

 

 

地元の駅から電車に揺られること20数分で御徒町に到着、上野には何度も降りた事があったのですが御徒町に降りたのは初めてでした。

 

DSC_0706

 

 

御徒町の駅を出てすぐ目の前には

 

 

DSC_0707

 

 

ユニクロのビルがあります。ここは観光客が多いのか外から見える電光掲示板には英語と中国語の表記がされていたのが印象的でした。作りも海外で見かけるような新しい作りになっていました。

 

 

DSC_0708

 

春日通りをメトロ線の御徒町駅に向かって歩いていきます。時間にして数分でしょうか、歩いている人を見ていると平日昼間なのでサラリーマンは外国人観光客、とくに中国人の方が多かったです。

 

 

DSC_0709

 

たぬき小路の入口の角に目的のお店がありました。

 

 

DSC_0710

 

 

店頭のディスプレイには色々な漢方や、健康食品が並んでいます。パッと見、料理屋さんというよりも薬局という感じです。

 

DSC_0713

 

横の小路に入る方にお店に入る扉があります。昔から蛇料理を扱ってるそうで、お店もかなり雰囲気があります。若干入るのを躊躇してしまいそうです。

 

 

DSC_0714

 

この中に蛇は入っているのでしょうか?黒と黄色の特定動物取扱いステッカーが貼られています。スズメバチ等のミューラー型擬態と言われるこのシマシマ模様に訳もなくドキドキしてしまいました。

 

 

DSC_0715

 

お店に入ると左側が薬局で右半分が食堂になっていました。薬局では色んな漢方を扱っているほか、ここのお店独自のマムシの粉末も扱っていました。遠くからわざわざ取り寄せている方もいるんだそうです。

 

DSC_0718

 

食堂に入ると白衣を着た料理人(?)の方が出迎えてくれました。ここのお店の薬剤師さんでもあるそうなので白衣を着てるんだとか

 

DSC_0719

 

壁には青い張り紙でメニュー表が貼られています。至近距離で撮っていなかったので、拡大して見て下さい。

上から

縞蛇(シマヘビ) 6000円(料理付)

蝮(マムシ)   6000円(料理付)

波布(ハブ)   7000円(料理付)

となっています、血液のみだと-500円ですので料理のお値段は500円ということでしょうか?丸ごと使うので料理しようがしまいが蛇の身は捨ててしまうそうなので単純に料理を作る手間賃なのでしょうね。

血が5500円で料理が500円と考えると料理がやたら安いと感じてしまうのは私だけでしょうか?

オススメを聞いたところ、今の時期なら波布がいいそうなので7000円の波布をお願いしました。

波布なんて見るのは昔沖縄でみた波布とマングースのショーで見た時以来です、あれも今じゃ色々問題になって無くなったそうですね。

 

DSC_0717

 

この箱の中に蛇がいるそうで鉄製の細いトングなような物で器用に蛇の頭を捕まえて取り出しました。型は波布ということで思ってたよりも小さかったです。

 

DSC_0721

 

頭と片鋏のようなものでキュってして殺したあとクリップで留めてボールの冷水へ、そして釣るして血管を傷つけないように上手に腹を裂きグラスに血を注いでいました。

 

DSC_0723

 

そして出てきたのはこちら、赤いグラスに入っているのが蛇の血液になります。このお店では飲みやすいように赤ワインで割っていました。隣はただの水です。

味としてはほぼ赤ワインでえぐ味はほとんど無く普通に飲め、量的にもショットグラスサイズなのでひと口で飲めます。飲んだ後は蛇の血のせいかワインのせいか分かりませんが少し全身がカッとなりました。

 

DSC_0724

 

残った身は左側に写っている鉄のまな板?のようなもので叩いて徹底的にミンチにしていました。蛇は骨がすごく多いので骨ごと砕いてハンバーグ状にして食べやすくしてるんだそうです。

蛇のミンチと小麦粉?片栗粉?を混ぜ合わせ、コネコネ。本当にハンバーグが出来上がり、それをフライパンで付け合わせの野菜と共に焼いています。

 

DSC_0725

 

出来上がりがこちら。

普通に定食屋さんに出てきそうな感じになりました。その辺の定食屋で出てきても違和感なさそうです。

タレは甘めの焼肉定食なんかで使われているような感じで、ご飯が欲しかったです。身はもっとお肉っぽいかと思ったのですが、どっちかというとモチモチしててお餅っぽい触感でした。

7000円と考えるとなかなか手が出ませんが、上野周辺が遊郭だった頃は何十件とあった蛇料理屋も今じゃここくらいしか食べれません。良い話のネタになるかと思いますので1度くらい訪れて見て下さい。

 

 

関連記事

  1. 管理人の日記

    久々の更新です。

    皆様随分と休止状態が続いてしまって申し訳ありません…

  2. 管理人の日記

    POWER LOUNGEが羽田空港第一、第二ターミナルに新オープンしたので行ってみた。

    4月27日に羽田第一、第二ターミナルに新オープンしたPOWER LOU…

  3. 管理人の日記

    2017年 SFC修行 羽田ー宮古島がやっと取れました。

    こんばんはエドです。今日はちょっと短めになります。先週一週間、…

  4. 管理人の日記

    成田空港のシャワールームに行ってみた。

    こんばんはエドです。ちょっと登校時間をズラして色々実験をしております。…

  5. 管理人の日記

    夜中の羽田空港に潜入してみた。

    こんばんはエドです。暇の持て余して休日の夜中にドライブがてらに羽田空港…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Twitter始めました。

カテゴリー

  1. sfc修行

    ANA上級会員事前サービスとは
  2. 管理人の日記

    2017年SFC修行第一弾 タイに滞在中
  3. PP単価表

    ANA プレミアム株主優待割引 全238路線のpp単価表(ピーク期)
  4. SFC修行記

    タイ パタヤで友人がお金を盗まれた話
  5. SFC修行記

    2017年SFC修行 第一弾タイ パタヤへ 第二十三話(完)
PAGE TOP