sfc修行

週末のみ利用の修行日程を組んでみた 沖縄編

こんばんはエドです。前回海外発券航空券を利用したクアラルンプールー石垣コースを紹介しましたが今日は沖縄コースを調べてみました。

前回の記事はこちら

 

石垣コースは別途宿泊費用がかかるとはいえ週末利用のみでpp単価7.29という良好な結果になりました。やはりクアラルンプール発券はかなり熱いと言えます。石垣と同様定番路線である沖縄もかなり期待が持てそうです。

 

国内発券と海外発券の価格差を調べた記事はこちらになります。

 

今回設定した修行コース

 

今回設定した修行コースはマレーシア、東京、沖縄を単純往復のコースになります。

 

出発到着日 出発 到着 獲得pp 値段
航空券1 5月13日 羽田 クアラルンプール 5006 56970
7月08日 クアラルンプール 成田
航空券2 5月13日 クアラルンプール 成田 8942 58215
5月20日 羽田 沖縄
5月21日 沖縄 羽田
5月27日 羽田 クアラルンプール
航空券3 5月27日 クアラルンプール 成田 8942 58215
6月03日 羽田 沖縄
6月04日 沖縄 羽田
6月10日 羽田 クアラルンプール
航空券4 6月10日 クアラルンプール 成田 9902 58215
6月17日 羽田 沖縄
6月18日 沖縄 羽田
6月24日 羽田 クアラルンプール
航空券5 6月24日 クアラルンプール 成田 8942 64656
7月01日 羽田 沖縄
7月02日 沖縄 羽田
7月08日 羽田 クアラルンプール
合計 40774 296271

ここまでのpp単価は

7.26

 

となります。下記が実際に予約手前まで進んだ画面です。

注意点として前回も書きましたがクアラルンプール発券するときはかならずクアラルンプールー沖縄 では無く下記のように周遊で検索してください。そうすると値段も変わらず沖縄に行く日付を自由にずらす事が可能になりますので。

 

ana 成田クアラルンプール

航空券1

 

航空券2

航空券2

 

航空券3

航空券3

 

航空券4

航空券4

 

 

航空券5

航空券5

 

こちらも石垣と同様6月24日便だけ席数が少なく航空券代が高くなっています。

 

石垣コースの場合のpp単価は6.95だったのでそれよりは若干悪くなっています。

ただ沖縄コースの場合は沖縄にて宿泊が必要なくそのまま日帰りで戻ってくることが可能になります。石垣も日帰りが可能なはずなんですが、何故か日帰りにすると早い時間に石垣に行く便が出てこず、午後の便で石垣に行く事になり、帰りが沖縄を経由してもどってくるような便しか出てきませんでした。値段も2万ほど上がってしまって使い物にならず、結局宿泊を取る形を取らせてもらったわけです。

 

クアラルンプールー沖縄路線の問題点

 

問題は石垣と比べて獲得ppが少なく、足りないppが1万弱の9226をどう終わらせるかです。

9226ppだと沖縄3往復でギリギリ足りない(49630pp)し、4往復だと大きくオーバーしてしまいます。

 

はじめはクアラルンプールー沖縄をもうワンセットやろうかと思い帰国日の設定を7月22まで延ばしてみたのですが

 

無題

 

こんな金額が出てしまってお話になりません。なのでクアラルンプールー沖縄を増やすには2か月以内に戻って来れるように2回に分ける必要があります。

他の方法としては3往復のうち1往復をよりppを稼げる石垣を組み込むか、プレエコー沖縄路線に乗って2往復するかになります。

 

とりあえず今回はプレエコのケースで計算してみました。4路線(2往復)全部プレエコに乗ってしまうと大きくオーバーしてしまうので4路線のうち

 

3路線プレエコ

1路線エコノミー

 

にしました。プレミアム旅割28は週末なので争奪戦で取れるかわからない状況です、机上の空論で計算しても取れなければ意味が無いので今回はプレミアム株主優待割引運賃で計算します。

 

プレミアム株主優待割引プレエコ 片道30190円

旅割エコノミー         片道13590円

 

それぞれ週末の最安値で計算しています。週末なのでpp単価的には大分微妙な感じになってしまっています。

4月以降の分が発表されればもっとpp単価が良いものも出てくるんでしょうけど現状だとこれが限界です。

 

トータル合計金額

 

航空券1~5 東京 クアラルンプール 40774 296271
航空券6 羽田 沖縄 4336 43780
航空券7 羽田 沖縄 5720 60380
合計 50830 400431

 

獲得pp 50830

総費用 400431円

pp単価 8.00

最後グダグダになったわりには意外と悪くない結果になりました。ですが国内での組み方次第でもっと良くなると思います。

 

まとめ

 

 

今回は前回同様マレーシア発券を絡めたクアラルンプールー沖縄往復を作ってみました。

途中までは楽々作成でき、沖縄日帰りの設定も問題無く出来ました。が、しかし石垣と比べると足りないポイントが多く別途国内での修行を練るのに非常に手間取ってしまいました。沖縄3往復で済めば話は早かったんですがね。。

4往復だと5万ppをかなりオーバーして無駄になってしまう、かといって丁度良い場所があるわけでもない、1時間以上そこだけで悩んでしまいました。

結果、かなり雑に仕上げてしまいました。この辺はまた4月以降の航空券が発売されたら練ってみようと思います。

 

 

 




関連記事

  1. sfc修行

    追加分 中国国際航空 飛得エアチャイナバリューについて調べてみた。その2

    こんばんはエドです。またエアチャイナかと思われますが、その通りです。興…

  2. sfc修行

    2017年 SFC修行 中部国際空港からpp単価の良い場所は?国内編

    こんばんはエドです。昨日の中部国際空港セントレアから宮古島への就航とい…

  3. sfc修行

    ANA上級会員事前サービスとは

    日本の航空会社、ANAにおいて…

  4. sfc修行

    国内pp単価表を作ってみました。

    こんばんはエドです。今回は国内pp単価表を作ってみました。本当は東京、…

  5. sfc修行

    現状のSFC修行の計画表

    おはようございます、エドです。…

  6. sfc修行

    2017年 SFC修行を練り直してみた。

    こんばんはエドです。前回私が修行を予定していた羽田ー石垣路線が4月以降…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Twitter始めました。

カテゴリー

  1. クレジットカード

    コンビニで使うならANAマイレージモバイルプラスでEdy決済がオススメ
  2. sfc修行

    現状のSFC修行の計画表
  3. クレジットカード

    海外に持っていくべき年会費無料のクレジットカード
  4. sfc修行

    シンガポール航空のセールについて調べてみた。
  5. PP単価表

    ANA プレミアム株主優待割引 全234路線のpp単価表(通常期)
PAGE TOP