簡単に数十万ANAマイルの貯め方

ビジネスクラスと聞いてあなたはどんな事を想像しますか?ビジネスクラスに乗れる人は特別な存在 お金持ち セレブ などだと思います。

ビジネスクラスと言われると想像するのはそういう雲の上の人たちの乗り物というイメージがあります。実際私も半年前までは同じように思っていました。

自分には縁がない 一生乗ることはないだろうなそんなふうに思ってた時もあります。特に私は海外旅行が好きで 時間さえあれば 年に何回も海外旅行をしました。

タイ 台湾 韓国 中国 バリ島 ベトナムあまり時間が取れないので行けるのはたいてい近場のアジア圏でしたが、それでも行くのがとても 楽しみで楽しかったです。

年に何度も海外旅行に行くのはお金がかかります。少しでも節約できるようにいつも乗る飛行機は格安のエコノミーそれも一番安い時期を狙って乗っていました。

そんな自分にはビジネスクラスやファーストクラスは憧れの存在でした。そして自分には一生縁がない存在でもありました。ですがある時、知ってしまいました。

金をほとんどかけなくてもビジネスクラスやファーストクラスに乗れる方法があるということを。

 

お金をかけずにビズネスクラスやファーストクラスに乗るには

 

それはマイレージをためて特定航空券で飛行機に乗るということです。 そんなこと知ってるよ という声が聞こえてきそうですが 重要なのはその貯め方です。

一般的にマイレージを貯める方法としては2つの方法が思いつくと思います。あなたはマイレージを貯めると 言われて想像するのはどんな方法でしょう。

 

飛行機に乗ってマイレージを貯める

 

たぶん一番初めに思いつくのが飛行機に乗ることによってマイレージを貯める方法でだと思います。

確かにマイレージは貯められますがこの方法は出張族などで年間たくさん飛行機に乗る方にだけ出来る方法です。私のように一般庶民には飛行機に乗るなんて旅行年に回乗るのが良いところです。

しかも格安エコノミーなのでマイル還元率も悪く場合によってはマイルが付かない事すらあります。その程度ではマイルなんてほとんど貯める事は出来ません。

中には出張族の方で若くして100万マイルもの飛行を達成し、航空会社にVIP扱いして貰えるミリオンマイラーなんて最上級会員の方も存在もいたりします。

私には想像もつかない 雲の上の存在達です。

 

クレジットカードの決済でマイレージを貯める

 

次に思い付くのがクレジットカードで決済してマイレージを貯める方法です。

クレジットカードで決済して貯める方法は誰もが知っている最もポピュラーな方法だと思います。

しかしクレジットカード決済でマイレージを貯めるには限界があります。一般的な家計ですと支払に関する家賃や光熱費、雑費などクレジットカードにまとめたとしてもせいぜい月に20万から30万ほどだと思います。

年間に直すとせいぜい300万円から400万円程度だと思います。この額の決済で獲得できるマイレージは一般的な1%還元(もっと高還元のカードもあひます)のクレジットカードで3万から4万マイル程度にしかなりません。

やっと一人分、近場のアジア圏にエコノミーで行ける航空券分になる程度です。数年貯めればビジネスにも乗る事も可能になりますが 実際には貯めたマイレージには有効期限があることが多くです。

日本の航空会社は例に漏れず三年という有効期限があります。これでは家族の分の航空券も貯めるというのは非常に難しくなってきます。 それに300万から400万も決済してない方の方が多いと思います。

私も収入が少ないので年間にクレジットカードで使う額はせいぜい100万から200万程度、たまるのは1万から2万マイルこれでは有効期限である3年の間にビジネスクラスひとつ取れません。

 

↓こちらの記事も御覧ください。↓

 

それなら楽天カードなどをもって 楽天市場でポイントを使った方が絶対に得と思っていました。楽天市場なら格安航空券など 航空券も扱っていますのでそれにポイントを当てて使うこともできます。

ですがある時他にもマイレージを貯める方法があるということを知り この考え方が変わりました。

 

それはポイントサイトの存在です。

 

ポイントサイトとは

 

私自身ポイントサイトの存在は前から知っていました。物を買ったり入会したりクレジットカードを作ることで それに応じてポイントがもらえたりするサイトの事です。

このポイントサイトは有名なサイトと提携しており中でも有名なのは楽天市場です。楽天市場は買ったものに対して結構な還元をしてくれるのですがポイントサイトに登録しそのポイントサイトから楽天市場に飛ぶことによってポイントサイトのポイントもプラスして貰うことができます。

当然楽天市場の楽天スーパーポイントも貰うことができますので二重取りが可能となります。普段から楽天市場を使う人なら使わない手はありません。

 

 

そしてこのポイントは 現金化することが可能となっています。 この貯まったポイントは1ポイント 1円にすることができます(ポイントサイトハピタスの場合)

ここまでは私も 知っていました。 実はポイントサイトのポイントはマイレージにすることが可能なのです ポイントですと1ポイント1円にしか 並んないのですが マイレージに することによって 1ポイントを 2円にも 3円にもすることが 可能となります。

 

例えば日本から タイに日本の航空会社であるANAのビジネスクラスで 行く場合 ビジネスクラスの航空券は 21万円以上かかります。

 

02

 

特典航空券で行く場合 必要なマイル数は 65000マイルで行くことが可能となります。

 

03

 

通常ポイントサイトのポイントをanaマイルに交換する場合は1ポイントあたり0.5マイルになります。つまり13万円分の ポイントがあればビジネスクラスに乗ることが可能となります。1ポイントあたりの価値が1.5円になるわけです。

ですが実はポイントサイトのポイントをANAマイルにお得に交換する裏技がありまして、1ポイントあたり 0.9マイルにすることが可能になります。

1ポイント0.9マイルになると、73000ポイントがあれば東京ーハワイの特典航空券が取れることになります。現金化すると73000円にしかならないのですが、マイルにすることによって21万円かかる 物を73,000円 取得することができます。

つまり1ポイント3円近い価値に高めることが 可能となります

 

その方法とはソラチカルートと呼ばれる 方法になります。

 

↓詳しくは以下のリンクをご覧ください。↓

 

ポイントサイトのポイントの価値を高めよう

 

この方法を使うことによって飛躍的にポイントサイトのポイントの価値を高めることができます。

 

ただし注意点もあります。この方法でマイルを獲得するには上限があります、月に18000マイルまでしか交換することができません。つまり年間216000マイルまでしか獲得することができません。

とはいえ21万マイルあればアジア圏ならビジネスで3回乗ることが出来ますし、年に一回ファーストでヨーロッパに行くことも可能です。

 

もちろん現金化して自分の 好きなことに使うのもありだと思います 特に飛行機に乗ってる時間が無い方もいますので。

 

このように飛行機に乗らずに。マイルを貯める人々を陸マイラーと呼びます。もしかしたらネットなどで聞いたことがあるかもしれません この方法で貯めることによってクレジット決済では 童貞貯められないような大量のポイントを稼ぐことができます。

私が 陸マイラーを 初めて 1か月目の 獲得ポイントはこちらになります。

 

pz-linkcard: Incorrect URL specification.(url=”URLhttp://tarikihongandego.com/archives/691”)

 

わずか1か月で14万ポイント以上 稼ぐことに成功したのです。

アジア圏ならファーストクラス、ーロッパやアメリカでもビジネスクラスで行けるポイントが貯まったわけです。

 

01

 

これだけのポイントをクレジットカードの決済のみで貯めようと思うと実に2000万以上決済をしなければなりません 。それが年収もごくごく普通 特別なことは何一つない私が1か月で 獲得できたわけです 。

 

私は別に特別なことをしたわけではありません。ごくごく普通にお得そうな案件を選んでやっていっただけです。これは誰にでも可能なことです。

 

ただ簡単にポイントが獲得できるとはいえ多少なりとも労力が必要になってきます。クレジットカードを作ったり商品を購入したり資料を請求したりこういうものには当然合う合わないがあります。

そういうことをするのが嫌いな人もいるはずです、だから私は無理してやる必要はないと思います。ですがただポイントサイトを経由するだけでいつも使っている楽天市場のポイントを二重取りするだけでもお得だと思いませんか?

 

 

 

Twitter始めました。
  1. 管理人の日記

    蛇料理を食べに行ってみた。台湾編
  2. SFC修行記

    2017年SFC修行 第一弾タイ パタヤへ 第二十三話(完) 北京空港のエアチャ…
  3. クレジットカード

    SPGアメックスカードの欠点を粗探しをしてみた。
  4. ハピタス

    ハピタスの登録の仕方
  5. PP単価表

    ANA 旅割55 全274路線のpp単価表 全国版(10月搭乗分)
PAGE TOP